健康寿命をのばしましょう SMART LIFE PROJECT

健康寿命をのばそう!アワード

評価委員による審査のポイント

評価委員の先生方より「健康寿命をのばそう!アワード」審査のポイントを伺いました。

武見ゆかり先生

武見ゆかり先生から見た審査のポイントはここ!

女子栄養大学・大学院 教授(食生態学研究室)

ポイント1従来にはない新しい試み(新規性)があるか

従来の取組にはない新しい試みの部分を強調してください。その新しい試みを取り入れたことによる効果(実施途中ならば効果の見込み)を示していただくことがアピールになります。

ポイント2参加者(利用者)の行動変容を促す工夫や仕掛け(ナッジ等)があるか

人々の行動変容を促すには、知識を得て理屈を納得してもらって行動変容を促す方法(従来の教育)と、知らないうちに望ましい行動へと誘導する方法(ナッジ)があります。後者の工夫がある取組を期待します。

ポイント3他組織、他地域への波及が見込める取組か

どんなに効果のある取組でも、特別な条件が整わないと実施できない取組では他組織・他地域への波及が見込めず、社会全体の健康寿命延伸につながりません。どのような条件が整えば他組織、他地域でも実施可能なのか説明してくださると良いと思います。

津下一代先生

津下一代先生から見た審査のポイントはここ!

あいち健康の森 健康科学総合センター センター長

ポイント1健康寿命を延ばすための科学的根拠に基づいた内容であること

「健康にいい」といわれる情報のなかには、科学的根拠が不明確なものも少なくありません。健康寿命を延ばすため、どんな目標を立てているのか、それはどのようなエビデンスに基づいているのかを意識している事業を高く評価します。

ポイント2広く多くの人に継続的に取り組んでもらえる、魅力ある内容であること

科学的に正しくても、広く継続して取り組まれなければその効果は期待できません。国民(もしくは対象集団)に訴求力があることが求められます。これまでの取組の課題を克服するため、新しい知見を踏まえて魅力ある取組に挑戦している事業を高く評価します。

ポイント3事業の目的と実施内容、評価指標に整合性があること、適切な手法で評価されていること

事業のねらいを明確にし、それを達成できる内容が企画できているか、妥当に評価し改善につなげているかを評価します。すなわち、計画、実施体制、運営・実施、評価と改善の各段階を意識した取組を評価します。

中村正和先生

中村正和先生から見た審査のポイントはここ!

公益社団法人 地域医療振興協会 ヘルスプロモーション研究センター センター長

ポイント1先進的・先駆的な取組であるかどうか

既成の事業にとらわれず、新しい発想が盛り込まれているか、目新しい手法が使われているかをチェックします。今後の事業の継続性や発展性についても合わせて審査します。

ポイント2計画的に企画・実施され、効果検証がされているかどうか

PDCAに基づいて事業の企画から評価に至る一連のプロセスが計画的にかつ手順を踏んで実施され、効果が確認されているかどうかをチェックします。取組の期間が浅く、アウトカム指標では評価できない取組については、プロセス評価の結果から健康寿命の延伸に照らして効果が期待できるかどうかを審査します。

ポイント3好事例としての普及可能性があるかどうか

好事例として、他の自治体や企業、団体への普及が期待できるかどうかについて審査します。また、普及した場合にどの程度の効果や社会的インパクトが期待できるかという視点でも審査します。

井上茂先生

井上茂先生から見た審査のポイントはここ!

東京医科大学 公衆衛生学分野 主任教授

ポイント1集団全体への波及効果が期待できる取組か

健康に関心のある一部の人たちだけではなく、集団全体の健康向上に資する取組を期待します。一方で、課題の多い特定の対象者(女性・男性、若年者・中高年者、障害を持つ方、子育て・介護中の方、など)に対する新規性のある取組も評価したいと思います。

ポイント2他の会社、自治体、団体のモデルになる取組か

他の多くの会社、自治体、団体でも同様の活動が展開できるか、あるいはそれぞれの活動のヒントになるような、波及効果のある取組を期待します。

ポイント3計画的な事業評価が行われているか

あらかじめ事業評価の方法を計画し、計画に沿って公正な評価を行い、次の活動に活かせている取組を期待します。